砺波市

庄川水記念公園

DSC_1652

・庄川水記念公園の概要

住所 : 富山県砺波市庄川町金屋1550

名前の通り庄川沿いにある公園で、南北に長い敷地面積を持ちます。
山のすぐ近くでもあるため、目の前に川と山を両方見る事ができる眺めが広がりますね。

閑乗寺公園の近くでもありまして、私が前に閑乗寺公園に用があった時には、横を通ったのですが泣く泣く通り過ぎました。行きたかったんですけど時間がなかったので。今回改めて訪れたときに写真を撮りました。

川の流れだけを見る公園かと思ったら、さにあらず。敷地内にかなり施設が多いのが特徴的です。
冒頭の写真の大噴水は、噴水の周りを変わった像がグルグル回っていて一見の価値あり。実際に見ていただきたいです。そのセンスに驚きますよ。
その周りには特産館があり、伝統工芸の展示を見られます。

水記念公園の名を冠するだけあって、ひょうたん池・親水広場といった水関係の施設が多いわけですが、目を引くのは大型水車ですね。
電気を使わず水力だけでぐるぐる回る水車とろくろ小屋は、思わず足を止めて見てしまいます。

資料館や美術館、お土産を売っているウッドプラザなどもあってどこから回るか迷ってしまいます。

道路を挟んで川により近いところにあるこちらにも注目です。「鯉恋の宮」。
ここは厄払い鯉の放流という行事も行われていますが、基本的には恋愛系パワースポットです。自然のど真ん中にあるお宮で、縁結びの絵馬があったりおみくじがあったりして楽しめます。鐘も鳴らせますしね。

公園自体の駐車場は数多くありますので、どこかしらに停めることはできると思います。
資料館や美術館用の駐車場もありますので、そちらメインで行かれる方は専用駐車場の方がよさそうですね。

DSC_1645

・庄川水記念公園に行ってみての感想・備考

見るところが多く、歩いて回るだけでも結構なボリューム感があります。
上では触れられませんでしたが、川沿いの水辺散策遊歩道を歩いていくとウォーキングコースになっています。

ウッドプラザのすぐ近くには足湯があります(無料)から、歩いた後でそちらでゆっくり座って疲れをとることもできます。

「鯉恋の宮」にはこいっぴとぷくっちというマスコットもおり、木彫りの「なで鯉 こいっぴ」に触れるとご利益があるそうです。
私は触れるのを忘れてしまいましたが、おみくじは大吉だったのでオッケーです。
カップルで訪れたらぜひとも入ってもらいたいスポットですね。

私が初めてこの公園に来た時は冬でした。誰もおらずに私の足跡だけが残されたので、身も心も寒いってこういうことかと思ったものです。
冬と夏では全然違った顔を見せる公園ですね(どこもそうかもしれませんが)。

ちなみに「鯉恋の宮」側も小規模な公園となっていて、「舟戸公園」というそうです。
庄川の穏やかな流れを鯉の置物と一緒に眺めると、心が落ち着いてきます。

DSC_1647

・庄川水記念公園へのマップ

-砺波市
-, , ,


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA